開催概要

 神戸JAZZは中学生から大学生を対象に、ジャズに関わる様々な体験を通して、「夢を形にしていく創造力と生きる力を身につける場を提供していくと共に、"JAZZの街・神戸"として、JAZZの継承と振興を図ること。」を目的に、2005年の「震災10年 市民の企画事業」としてスタートしました。
 7月~8月の夏休み期間に、プロミュージシャンや音楽業界のプロスタッフが講師となり、参加学生向けに、「ビッグバンド・ワークショップ」と「バックステージ・ワークショップ」の2種類の体験型ワークショップを開催し、その集大成として10月頃に神戸文化ホール(大ホール)で、学生とプロが協働で創るジャズフェスティバルを開催しています。

 今年の神戸JAZZ(ジャズフェスティバルは2013年10月6日(日)開催)の特徴は、例年7月末と8月末の2回に分けて開催していましたミュージック・ワークショップに加え、Student Jazz Festivalの直前の8/22(木)~23(金)に、神戸市の六甲・摩耶活性化事業として、六甲山の『神戸自然の家』で、1泊2日の『ビッグバンドクリニック』と『ミュージックビジネスセミナー』を開催を計画しています。 出演者として、スタッフとして、市民ボランティアとし・・・、など様々な形で参加できる神戸JAZZ2013。

神戸JAZZ2013 全体像
神戸JAZZ2013
神戸JAZZ2013

神戸JAZZ2013
神戸JAZZ2013

< 過去のビッグバンドワークショップの様子 > < 過去のバックステージワークショップの様子 >
過去のビッグバンドワークショップの様子 過去のバックステージワークショップの様子

【主催】

神戸JAZZ実行委員会、日本学校ジャズ教育協会(JAJE)関西本部

【共催】

神戸市民文化振興財団

【後援】

兵庫県兵庫県教育委員会神戸市神戸市教育委員会神戸ビエンナーレ組織委員会
神戸市吹奏楽連盟神戸新聞社朝日新聞神戸総局、産経新聞、毎日新聞神戸支局
読売新聞神戸総局NHK神戸放送局サンテレビジョンラジオ関西FM COCOLO
音楽之友社

【協賛】

TOA株式会社 みなと銀行
株式会社ズーム 管楽器のメンテナンスショップHATADA コダマ商事 キャットミュージックカレッジ専門学校
REM      

【助成】

みなと銀行文化振興財団
ひょうご震災記念21世紀研究機構、
ひょうご安全の日推進県民会議、
ひょうご震災記念21世紀研究機構 ひょうご安全の日推進県民会議
私的録音補償金協会(sarah)

【企画制作】

神戸JAZZ実行委員会

【制作協力】

NHKプラネット近畿総支社、キョードー大阪、ハーモニーフィールズ、甲陽音楽学院、
ヒビノ、共立、サンフォニックス、ワントゥワン、フーリエインテルナショナル、
ライトアンドシャドウ、ヒルズフィールドエンターテインメンツ、ジーベック、他